ひろしま はなのわ 2020ひろしま はなのわ 2020

開催概要

基本理念

東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、世界中から広島へ多くの人々が訪れる2020年、
広島ならではの花や緑等の地域資源を活用して、県内全域で回遊と交流を生み出し、
花や緑の大切さと平和の尊さを世界中の人々と分かち合い、
より一層の豊かな地域づくりと世界恒久平和の実現につなげていくため、
県内一円で全国都市緑化ひろしまフェアを開催します。

基本方針

広島を花と緑でつないでいくフェア

●花や緑等の地域資源の活用

花や緑、伝統文化等の地域資源を最大限活用することで、将来に向けた利用促進を目指します。

●花や緑等を通じた回遊性の向上

情報通信技術や公共交通サービスと連携することで、花や緑等を通じて県内一円を結び、情報の共有や新たな人の流れを生み出すことを目指します。

広島の力を結集してみんなでつくりあげるフェア

●地域づくりの担い手の育成

県民団体、農業団体、民間企業、学校等、様々な主体が活動可能な展開を図ることで、花や緑に造詣の深い人材を育成するとともに、活動団体等の活性化や新たな地域デビューを促進し、地域を誇りに思い活動できる人の増加を目指します。

平和と広島の魅力を世界に発信するフェア

●国内外への魅力の発信

緑化フェアの開催を契機に、国内外に向けて、県内各地の地域資源や特産品等の魅力を発信することで、更なる地方創生の推進を目指します。

●平和を象徴する花と緑の祭典

被爆75年となる2020年に、世界中の人々が花や緑等を通して平和の尊さを五感で体感し、発信できる緑化フェアを目指します。

概要

名称
第37回全国都市緑化ひろしまフェア
愛称
ひろしま はなのわ 2020
開催テーマ
ひろしま はなのわ 2020
♬「花笑(はなえみ)」ひろしまから花と笑顔と平和の わ ♬
開催期間
2020年3月19日(木)~11月23日(月・祝) 250日間
会場
●メイン会場 中央公園(旧広島市民球場跡地を中心とする区域)及びその周辺(広島市中区基町)
2020年3月19日(木)~5月24日(日) 67日間
※5月25日(月)~11月23日(月・祝)は、他会場の案内や観光・市町情報を提供、連携イベントを開催
●協賛会場 国営備北丘陵公園(庄原市三日市町)、県立せら県民公園(世羅町黒渕)、県立びんご運動公園(尾道市栗原町)、県立みよし公園(三次市四拾貫町)
2020年3月19日(木)~11月23日(月・祝) 250日間
●スポットイベント会場県内23市町のスポットイベント会場(130会場程度)
2020年に開催する各スポットイベントの実施期間
入場方式
●メイン会場無料 ※ただし、催事については、有料のものを検討
●協賛会場・スポットイベント会場現行と同様
主催者等
●主催者広島県、広島市、呉市、竹原市、三原市、尾道市、福山市、府中市、三次市、庄原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、府中町、海田町、熊野町、坂町、安芸太田町、北広島町、大崎上島町、世羅町、神石高原町、公益財団法人都市緑化機構
●共催者国土交通省中国地方整備局
●提唱国土交通省
●実行組織第37回全国都市緑化ひろしまフェア実行委員会

ロゴマーク

シンボルマーク

開催テーマにある「はなのわ」をイメージしながら、花と緑により人・自然・地域のつながりを育むとともに、瀬戸内海や中国山地、広島県のシンボルである紅葉などをモチーフとすることにより、県内一円で開催するひろしまフェアを表現しています。

ロゴタイプ

「はなのわ」を強調するとともに、グラデーションを使用することで、春から秋までの開催に合わせ、移り変わる多彩で豊かな広島の自然を表現しています。

応援キャラクター

主催自治体にゆかりあるキャラクターを「はなのわ応援隊」として、ひろしまフェアをPRします。

  • 広島県広島県
  • 広島市広島市
  • 呉市呉市
  • 竹原市竹原市
  • 三原市三原市
  • 尾道市尾道市
  • 福山市福山市
  • 府中市府中市
  • 三次市三次市
  • 庄原市庄原市
  • 大竹市大竹市
  • 東広島市東広島市
  • 廿日市市廿日市市
  • 安芸高田市安芸高田市
  • 江田島市江田島市
  • 府中町府中町
  • 海田町海田町
  • 熊野町熊野町
  • 坂町坂町
  • 安芸太田町安芸太田町
  • 北広島町北広島町
  • 大崎上島町大崎上島町
  • 世羅町世羅町
  • 神石高原町神石高原町

PAGE TOP